1,479万kW/1,961万kW (10/20 09:25)
75%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/?key=1056
■最近の書き込み
書き込み数は495件です。 [ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 50 ]
2018年09月06日(木) 
HOMSに買い物に行ったときに、こたつさんから電話をもらった。

「そっちはだいじょうぶなん?」

「さっき電気がもどったところ。ちょっと大変やった」

「被災したら、連絡してくれよ」

その時に、初めて台風による被害にあっていたことを認識した。

昨晩から停電が長くて、「ろうそく」で一晩あかした。

阪神・淡路大震災のときにこうやったと、夕食のときに家内と話していた。

「豪華な晩餐みたい」と家内はお気楽!

ちょっと暑いのが困ったが、TVなどから切り離されていると、ちょっと思考が深まる。

と思っていると、家内は携帯でTVを見て、うるさくて仕方が

閲覧数61 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/09/06 00:32
公開範囲外部公開
2018年01月17日(水) 
阪神・淡路大震災から23年目。

例年であれば、高校生や大学生と伊丹空港の近くにある、レスキュー協会が主催する慰霊祭に参加していました。

今回は、テレビ視聴での参加でした。

5時46分、外は真っ暗のなか、黙とうを捧げました。

自分の活動の原点の日。

私にはもう一つ8月6日・9日という日も原点です。

自然科学を神と信じ、絶対な真理と信じてきたことへの問いかけから、最近ようやく、この2つの原点がつながりつつあります。

なにをしているのか、まったくわからないが、何か引っかかるものがあり、こだわってきた。

多くの人に助けられながら、自

閲覧数178 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/01/17 19:16
公開範囲外部公開
2017年09月09日(土) 
伊丹聞き書きフォーラム2017で、世代間の語らいをしてみませんか!

ということで、10月1日(日)午後1時から伊丹市立図書館である、ことば蔵で開催します。

共感の文章術で有名な坪田知己さんが、パネルのコーディネートをしてくれます。

「伊丹聞き書きプロジェクト」が今年で5回目を開催しました。
この聞き書きで何が起こっているのかを明らかにしたいと企画されました。

聞き書きは、どこの地域でも開催可能です。

世代を超えた人のつながりを生み出すということで、着目を浴びています。

事前の申し込みは不要ですが、できましたら、「参加するよ」

閲覧数888 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2017/09/09 11:40
公開範囲外部公開
2017年05月08日(月) 
インバウンドの対応ということが、いままで頭の中にありませんでした。

しかし、本日、伊丹で115年の歴史をもつみどり園さんで、お茶会が開かれ、そこに海外からの方々がモニターとして参加されました。
http://itami-midorien.com/feature/index.html

説明は、全て英語で行われましたが、難しい日本文化である茶道について、簡潔にまとめられていました。

お話をいただいたのは、元キャビンアテンダントの茶道経験者です。

さすがです。

円相と無尽蔵の茶掛けの書や、茶花はテッセンと凛とした雰囲気がありました。
[ 画像:1 ]

お香は白檀がほのかに、香っています。

釜のお

閲覧数412 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2017/05/08 09:18
公開範囲外部公開
2017年03月10日(金) 
本日のNHKの番組で、高校生が農作物のストーリーを見出しているという番組がありました。

「高校生が伝える、ふくしま食べる通信」を取り上げた放送でした。
http://taberufukushima.tumblr.com/

私は、ちょうど最後30秒ほどしか見ていないのですが、ストーリーで隠れている価値を見出すということに、同じこころざし(志)を感じました。

番組は「くらし解説」です。
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu/kurashi/

HPによると
「3月10日(金)
高校生が挑む 福島県農水産物の風評被害 合瀬 宏毅 解説委員
東日本大震災から6年、原発事故で大きな被害をうけた福島では、県産の農水産物の価格は

閲覧数702 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2017/03/10 12:33
公開範囲外部公開
2017年03月01日(水) 
ずばり、新たな市場を生み出す文化をつくりだす、「文化開発」のためです。

先日、PRESIDENT 2017.3.20号を読んでいて(p.104-105)、強烈に共感しましたので、どうしても書きたくなりました。

日本は、技術大国といわれていても、それだけでは限界があることがよく、話題にされています。

この指摘に対する答えは、新たな市場を生み出す「文化開発」によって、技術や商品を使って世の中を変える新しい、暮らし方をデザインすることです。

そこで、紹介した雑誌の記事では、例として、タイヤのミシュランのガイドブックが挙げられていました。

ミシュランのガイドブックが最

閲覧数659 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2017/03/01 20:35
公開範囲外部公開
2017年02月27日(月) 
伊丹にある、イタリアンレストラン アントンが「ゆいトレ」で、シカ肉スペシャルクーポンと、ランチクーポンを今日から発売した。

この「ゆいトレ」は、人やものが持っているストーリから、光る価値を見出して、そこに『共感する』ことで、人がいきいきとつながり活躍することを狙ったものです。

ゆいトレ: https://yui-tr.jp/

月に1回発行される
ゆいトレマガジン: http://mag.yui-tr.jp/

このマガジンで、人の生きざまが描かれています。


シカ肉スペシャルクーポンは、このリンクからはいってください。
http://sns.itamachi.jp/shop/items/detail/177

シカ肉ランチは、このリンクか

閲覧数660 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2017/02/27 23:44
公開範囲外部公開
2017年02月16日(木) 
家内は結構はまってますね。

クーガ芋を使った料理として、今日は、「ピザをつくったよ!」と楽しげです。

クーガ芋を摺って、小麦粉をねってピザの台にしたようです。

こんなに、はまるとは思ってもいなかったです。

カリッと焼けていましたが、食べるともっちり。

「おいしいね」


いろいろと考えてくれて、本当にありがたいです。

SNSにアップするからかな?

閲覧数321 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/02/16 00:00
公開範囲外部公開
2017年02月14日(火) 
セレンディピティとは、思わぬ効果のこと。

夕食の時間時なると、「自然薯でお好みをつくったから写真をとって!」と家内の声。

ん!!!!

不思議がっていると

「自然薯をつなぎに、キャベツと卵で、小麦粉を使っていなくてへるしーよ!」とのこと。

クーガ芋で、写真を撮ってのせていることが、楽しみになったでしょう。

「おいしい。もちもちとした触感もいいね」というと

嬉しそうにしていました。

閲覧数296 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2017/02/14 20:47
公開範囲外部公開
2017年02月13日(月) 
こたつさんから、沖縄の隠れたる秘宝である、「クーガ芋」という自然薯をもらった。

クーガとは、沖縄の言葉で「たまご」を意味します。
見た感じ、自然薯と言えば長くて細いイメージが、全く覆されます。

たまごのようですから、そのまんまのことばですね。

で、これがおいしい。

もらって、どうしようかと思ったのですが、とろろでご飯は、普通なので、オリーブオイルで炒めてみました。

それに、豚肉を焼き肉のたれで絡めて、小さく切って乗せてみました。

最近歯が悪くなったので、お肉は噛みにくいということもあって、小さく切ってもらっています。

触感

閲覧数570 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2017/02/13 22:34
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 50 ]
■プロフィール
かっちゃんさん
[一言]
SNSの可能性を、みなさんと一緒に見ていきたいと思っています。どうぞ、…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み