■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/?key=1056&year=2014&month=12
■2014年12月の書き込み
書き込み数は5件です。
2014年12月16日(火) 
インターネットで「阪神大震災」と入力し、検索してみた。

「阪神大震災を記録しつづける会」というサイトをみた。
http://www.npo.co.jp/hanshin/

震災直後から、被災者が自らが鉛筆を持ちキーボードをたたいて綴った体験と、被災地以外の方々の関わりや感想を記録し続けられ、10年で10巻の手記集を出版されています。

本は、ほとんどが絶版になっているのだが、なんとすべてネット上で見ることができる。

私も、読んでみたが強烈なフラッシュバックがある!

こころして読まないと、精神が持たない。

そのつもりで、阪神大震災後20年を迎える時に、被災体験していない若者

閲覧数535 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/12/16 15:24
公開範囲外部公開
2014年12月16日(火) 
伊丹空港のすぐ北側に、日本レスキュー協会がある。
http://www.japan-rescue.com/

東北大震災の時も、
今年の8月の広島の土砂災害にも活躍した救助犬が、この日本レスキュー協会にいる。
http://www.japan-rescue.com/rescuedog/20140820hiroshima.html

年が明けて2015年1月17日(土)には、ここで阪神大震災20周年の記念追悼式が行われる。

「伊丹育ち合い(共育)プロジェクト」は、この阪神大震災の教訓をもとにしている。

人のつながりが、如何に大切であるか思い知らされたため、この教訓を日常化するために、「伊丹育ち合い(共育)プロジェクト」に12年間取り組んできた。


閲覧数502 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/12/16 12:29
公開範囲外部公開
2014年12月12日(金) 
農業も大規模経営に向かっているが、今朝のニュースでCSAが取り上げられていた。

CSAとは、「Community Supported Agriculture」 の頭文字をとったもので、「地域のコミュニティに支持された農業」という意味だ。
http://www.sasayama.or.jp/opinion/S_23.htm

今日のニュースの内容では、
ある小規模農家が、JAに卸していると形の悪いものは引き取ってくれず、市場価格で変動し、とても農業をやっていけない状態となった。

その時に、近所にすむ主婦が、無農薬でつくっていることを見ていたので分けてほしいと言って訪ねてきた。

この出会

閲覧数708 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2014/12/12 09:38
公開範囲外部公開
2014年12月10日(水) 
伊丹育ち合い(共育)プロジェクトも、戦略企画を形にしつつあるところです。

後もう少しというところで、本気でがんばっていますが、なかなか壁が高いようです。

さて、本日、郷町の荒木会長から以下の情報を得ました。


第8回伊丹郷町屋台村

2015年1月17日(土)、18日(日)

いま手伝ってくれる人を募集していますよ。

やってみようという人は、私まで声をかけてください。

準備など、日没までの手伝いで十分だと思います。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

閲覧数571 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/12/10 19:08
公開範囲外部公開
2014年12月01日(月) 
「Web2.0」という言葉がよくつかわれる。

インターネットが使われているわけだが、本当の意味での双方向性が見えだしたのは2005年くがいからで、それを表現しているのが「Web2.0」という言葉だ。

先日の11月29日(土)に鳥取大学で開催された、地域学研究会第5回大会に参加した。

基調講演で、政策研究大学院大学の有本建男教授が、「Science2.0」についての講演を聞いた。

まさしく、3.11の後、科学者に対する不信感が増しており、社会と連動していない科学に対して違和感を持っている日本人は多いだろう。

国立大学の教育学部が地域教育学部に改編

閲覧数507 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2014/12/01 00:22
公開範囲外部公開
■プロフィール
かっちゃんさん
[一言]
SNSの可能性を、みなさんと一緒に見ていきたいと思っています。どうぞ、…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み