■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/?key=33&year=2012&month=10
■2012年10月の書き込み
書き込み数は4件です。
2012年10月28日(日) 
「こどもたちに仮装させて商店街をパレードできないものか?」
英語塾教師のこんなつぶやきを耳にしたひとりの女高生の奮闘から、今では毎年2,000人あまりの地域住民を動員する秋の名物イベント「伊丹のハロウィン」がスタートして、早や9年目となります。当時、市立伊丹高校の情報科では、高校生の社会人基礎力を養うために地元の商店街の支援を得て、「活性化プロジェクト」を地域協働で実施する緒についたところだった。彼女は迷わず最初からこの授業を企画・運営してきた畑井克彦教諭に相談し、英語塾と高校と商店街という一風変わったイベントが始まった。

その後ハロ

閲覧数893 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2012/10/28 06:03
公開範囲外部公開
2012年10月08日(月) 
先週、兵庫県立大学環境人間学部の岡田真美子ゼミに参加させてもらった次男。同じ4年生がそれぞれのテーマで真剣に卒業研究に取り組んでいる姿勢に感激して、本来休日の本日(10/8)、先生の厚意に学生が呼応して開講されるゼミに参加すべくただいま卒論概要を必死で執筆中。こんなにまじめに勉強している姿はかつてみたことありません(笑)。

岡田ゼミでは、学生それぞれが興味のあるテーマを持ち込み、それをみんなで議論しながら研究に仕上げていきます。先生は大変でしょうが、ひとりひとり丁寧に基礎から指導をくださり、そこに大学院生も加わりながら一体学習が展開されま

閲覧数881 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2012/10/08 07:34
公開範囲外部公開
2012年10月06日(土) 
昨日から神戸市産業振興センターで開催されている「第2回神戸ITフェスティバル」で関西学院大学総合政策学部3年の山崎春菜先輩が、伊丹高校での『共育』の取り組みと関学生による被災地支援について発表をしてくださいました。

内容は、普通の女子高生が、高校での情報科の授業を通して目覚めた社会との関わりとボランティアリーダーとしてみえた関学生による被災地支援活動などについて。堂々として切れ味の良い発表の様子に、総務省地域自立応援課長の牧慎太郎さんも脱帽されていました。

在校生のみなさんも、このような先輩を目標にして、しっかりと頑張ってください

閲覧数822 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2012/10/06 11:34
公開範囲外部公開
2012年10月02日(火) 
「あなた、ときどき息してないし~。朝起きたら冷たくなっていたなんてまで困るから~」と奥さんに懇願されて、先月20日に睡眠時無呼吸症候群の検査を受けてきました。それだけではなくて2時間くらい眠ったら必ずぱっちり目が覚める。小一時間したらまた眠りにつくが今度は1時間半で目覚めてしまう。最初の目覚めでそのまま眠れないことも少なくない。よって慢性の睡眠不足。ランチのあとなど死ぬほど眠くなるので30分くらい仮眠するが、なにより疲れが蓄積してとれません。この不眠の原因が無呼吸にあるのではと疑っての検査の決断でした。

16時に(国)姫路医療センターに入院

閲覧数848 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2012/10/02 17:12
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み