■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/?key=3852&year=2007&month=10
■2007年10月の書き込み
書き込み数は23件です。 [ 1 2 3 ]
2007年10月31日(水) 
オオオナモミ、ヌスビトハギと並んで良くくっつくのが
センダングサ。
RICHO R6
けっこうかわいい黄色の花が咲く。
花が終わると種が育ち
次の画像のようになる。
NIKON D80 TAMRON 90mm
種の先を良く見るととんがったトゲのようになっている。
トゲは3本に分かれているので
これはたぶんセンダングサ。(間違っていたらゴメン)
2つに分かれていればアメリカセンダングサ。
どちらも帰化植物だ。
子供のころに、よくくっつかれたのはアメリカのほうだったような・・・・

このトゲをさらに拡大してびっくり。
トゲにもっと細かいトゲが多数ついている。
刺さったら取れに

閲覧数2631 カテゴリ日記 コメント1 投稿日時2007/10/31 00:50
公開範囲外部公開
2007年10月30日(火) 
ひっつきむしが目に付く季節になった。
今日は
アレチヌスビトハギの巻。
NIKON D80 TAMRON 90mm
漢字では
荒地盗人萩となる。

ヌスビトハギは、実の形が、
盗っ人歩きをしたときの足跡の形に似ていることからついたようだ。
アレチはその荒地版ってところか。

とにかくよくくっつく実である。
この時期、むやみやたらと草むらに突っ込むと
身体中にこの実がついていて
『往生しまんがな!』となる。

これはアレチヌスビトハギの戦略なのだ。
動物の身体にくっついて
適当なところで落として

閲覧数3058 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2007/10/30 00:12
公開範囲外部公開
2007年10月28日(日) 
9月ごろに稲刈りの終わった田んぼでは
イネの切り株(刈り残った株)から穂が出ている。
リコーR6
けっこうたくさんのモミがついている。
これなら二期作も可能かなって思うほど良くついている。
モミを少しちぎってつぶしてみると
どうも中身が入っていない。
もう実は入らないのだろうか?
近くの農家のおやじさんに聞いてみると
気温が20℃以上ないと実は入らないとのこと。

でもあと数十年すると二期作が可能な地域になったりして・・・。

このところ、どうもいろんなことが頭に入りにくくなった。
脳が老化しているのは確実なところだが
イネと同じで
がん

閲覧数1264 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2007/10/28 22:54
公開範囲外部公開
2007年10月28日(日) 
クズ(葛)は伊丹でも川原や空き地・農地の周辺で良く見かける。
マメ科の植物で、エダマメ(大豆)そっくりの葉をしている。
花は赤紫色のきれいな花だ。
同じマメ科のフジの花に似ている。
今の時期はエダマメのような種をつけている。
このクズを使って、
フィリピンで火山灰災害を被った地域の
緑化を精力的に進めている団体がある。
URLは
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5172/kuzu/index.html
1991年フィリピンでピナトゥボ火山が噴火した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%8A%E3%…C%E5%B1%B1

ピナトゥボはマグマの粘性が高いため、
猛烈に火山灰を吹き上げたり

閲覧数2927 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2007/10/28 01:00
公開範囲外部公開
2007年10月25日(木) 
子供のころ、
ひっつきむしで遊んだ経験はあるだろうか?
ぼくなんかは夢中で投げ合って遊んだ。
毛糸のセーターなんかには
むちゃくちゃ良くくっつくので
みんなの標的になってしまう。

女子の髪の毛に絡んでしまって
泣かれたこともある。
画像のひっつきむしが有名なのだが
本当の名前を知っていますか?
リコーR6
オオオナモミというのが標準和名だ。

そのほか
イノコヅチ
アメリカセンダングサ
なども良くひっつく。

オナモミ以外はひっつかれると
うっとうしいヤツラが多い。

みんなはどんなひっつきむしで遊んだのだろうか?

閲覧数3003 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2007/10/25 00:46
公開範囲外部公開
2007年10月24日(水) 
青空を眺めていたら、
山の上で2機のジェット機が
お互いに近づいている。
このままいくと

ニアミス?
と楽しみ  じゃなくて心配して見ていると
結局それほど危ない状態ではなかった。
NIKON D80 TAMRON90mm トリミング
飛行機に乗っていると
向こうからやってくる飛行機が見えることがよくある。
お互い亜音速(時速900km弱)ですれ違うので
びっくりするほど相手の飛行機は速く見える。
成層圏を飛ぶので、空はいつも快晴だし、
下の雲に写る自分の飛行機の形の変化を見ているのも楽しい。
飛行機は楽しい乗り物だ。

しかし、信じが

閲覧数2943 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2007/10/24 00:34
公開範囲外部公開
2007年10月23日(火) 
ススキの葉でのんびりしているクモを見つけた。

『そおっと』撮影したのだけど。

振動に敏感なクモには ばれてしまった。

『寝床?』から『さっ!』と移動したやつの目は

ぼくをにらみつけていたのだった。

閲覧数3101 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2007/10/23 00:19
公開範囲外部公開
2007年10月21日(日) 
夕日を受けて輝くススキの穂に目がとまった。
リコーR6
バックに田園風景を入れようとしてみたけれど
欲張ってはいけませんね。
ススキも田園も主張が強くて
構図は残念な状態ですね。
写真は難しいです。

逆光の写真はアナログではけっこう難しいのですが
デジタルはその場で露出確認ができるので
失敗はしなくなります。
エノコログサ(猫じゃらし)の逆光写真は
けっこう絵になるので、試してみてください。

閲覧数2974 カテゴリ日記 コメント7 投稿日時2007/10/21 00:28
公開範囲外部公開
2007年10月20日(土) 
セイタカアワダチソウの花が最盛期だ。
花の少なくなってきた野山でこの黄色は良く目立つ。

リコーR6
アキノキリンソウとも言うが
花粉症の原因であるなどといわれて嫌われ者だ。

でも、この時期の昆虫にとってはこの花は貴重だ。

ミツバチやアシナガバチなどのハチがせっせと蜜を集めている。
キイロスズメバチまでもがやってきた。
コイツは過激派なので要注意だ。

コアオハナムグリが頭や身体を花粉だらけにしながら
おいしそうに花粉をほおばっている。
リコーR6

セイタカアワダチソウは群生する。
根っこから毒を出して
他の植物をやっつけてしまうそう

閲覧数2669 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2007/10/20 08:35
公開範囲外部公開
2007年10月19日(金) 
コバネイナゴが草むらから顔をのぞかせていた。
NIKON D80 TAMRON 90mm
ハイキー気味に撮影してみた。
手前の草がうまくボケてくれて
けっこう良い感じに仕上がった。

ところでイナゴはその昔
冬のタンパク源として貴重なものであったようだ。
実はイナゴの佃煮を2度3度食したことがある。
味はまあまあだが、後ろ足が引っかかってかなわない。

佃煮にするには後ろ足はとったほうが良い。

ところで、
春先から職員室の一部で『地下組織 虫を食そう会』が
うごめいている。
ところがいまだに食す会は実行されていない。
食材の候補をミールワームにした

閲覧数3274 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2007/10/19 00:14
公開範囲外部公開
[ 1 2 3 ]
■プロフィール
borneo_fireflyさん
[一言]
虫の惑星にようこそ
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み