1,510万kW/2,163万kW (10/15 20:35)
69%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/blog.php?key=24373
2008年10月11日(土) 
オープンハイスクールの後、午後1時から前いたみIT倶楽部の会長であるやぶちゃんと情報科学部とのミーティングがあった。

いたみIT倶楽部の活動として、婦人児童センターで行っているコンピュータの質問会がある。

地域の情報格差を無くすために、無料でコンピュータのあらゆる質問を受け付けて、その場で解決している。

第一日曜日に開催している。

とても、素晴らしい活動なのだが、5年ほど継続している中で発展がなく、いたみTI倶楽部のメンバーも固定化している。

そこで、市高の情報科学部とのコラボとなったのだが、話をしていて部員から、質問者の方で希望者に、いたまちSNSに入ってもらって継続して支援していっては?というアイデアが出た。

いたみIT倶楽部が行っている質問会はひと月に1回だ。
問題が発生したら、すぐに解決したくなるのに、あまりに長いスパンだ。

とても、いいアイデアだと思う。

情報科学部としても、放課後の活動として、地域の方の質問に答えていくというミッションが生まれ、やりがいに通じていく。

これからの、発展が楽しみだ。

閲覧数3,064 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2008/10/11 22:47
公開範囲外部公開
コメント(4)
時系列表示返信表示日付順
  • 2008/10/11 22:59
    目的が同じなら、方法はいくらでもあると言う事の表れですね。
     
    その上、情報科学部の活動が活発化し、地域の方々も安心してサポートが受けられる。
     
    その方たちとリアルにミーティングが持てれば更に強化され、信頼感が増す事が出来る。
     
    まさに地域SNSのモデル活動ですね。
    そういう方にもいたまちを紹介しましょう。
    次項有
  • 2008/10/11 23:28
    いけやんの言われるように、今回のことは1石2鳥だと思っています。

    それより、嬉しかったことは、部員がねらいを理解し、自分たちの行動としてアイデアを出してくれていることです。
    次項有
  • 2008/10/12 11:07
    昨日は、情報科学部の皆さんに繋いでいただいてお時間いただきまして、ありがとうございました。

    私達にとっても新しいメンバが加わって新しい可能性に期待し、情報科学部の皆さんにとっても活動の広がりにつながり、両方にとってのメリットが見出せれば以上に良い関係になれると思います。

    どうぞ、よろしくお願いします。

    次項有
  • 2008/10/13 07:59
    なかなか良いアイデアですね。
    うまく進めば、一般の人も月1回の日を待たずに
    気軽に聞くことができ、またIT倶楽部の講師陣も助かりますね。

    学生と地域の連携がまた一つ前進するでしょう。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
かっちゃんさん
[一言]
SNSの可能性を、みなさんと一緒に見ていきたいと思っています。どうぞ、…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み