1,534万kW/2,163万kW (10/15 20:15)
70%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/blog.php?key=41708
2011年01月21日(金) 
平成22年度の地域情報化アドバイザ会議が千代田区にある都市センターホテルで開催された。

フィールドワーク伊丹で関学の教員である、和崎宏さんとともに出席した。

全大会の口火を切ったのは、わが友こたつ博士であった。

補助事業は数カ月で結果を出そうとする。腰を据えた取り組みがひつ世であると提言。

その後は、4つの分科会に分かれた。

私は、第4分科会に所属


まとめの全体会として、平岡総務相副大臣のご主席の元、報告がなされた。


会議の結論としては、地域性にあった雇用をICT,の力を借りて創出していくことというゴール設定を行った。

私は、10%地域が学校から教育を奪い取って、地域の願いをかなえる教育をすべきだと提案した。

閲覧数2,173 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2011/01/21 22:52
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2011/01/22 08:34
    総務省地域情報化アドバイザー会議にご出席されました事、お疲れ様でした。
     
    >「これからの教育で、地域の願いをかなえる教育をすべきだ」と提案した。
     
    学校、地域、保護者が連携を深めて行く事が必要だと思います。
     
    これを纏めて行くのがITCの力だと思います。
    次項有
  • 2011/01/22 12:22
    お疲れ様です。地域に10%の教育権原があれば、世の中を変える大きな力になるのでしょうね。
    次項有
  • 2011/01/22 21:08
    Yothyさん
    かっちゃんさん
           Yothyです。
     おつかれさまでした。

    地方都市の10%に教育権限が確保されれば、

    まずは、数都市で、第一歩がスタートできますよ

    ね。文芸復興ならぬ教育復興の夢が実現されると

    いいですね。ありがとうございました。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
かっちゃんさん
[一言]
SNSの可能性を、みなさんと一緒に見ていきたいと思っています。どうぞ、…
■この日はどんな日
ほかの[ 01月21日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み