■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/blog.php?key=42009
2011年02月14日(月) 
伊丹育ち合い(共育)プロジェクト
(伊丹市立伊丹高等学校)
http://sns.itamachi.jp/

〔概要〕
 「若者の地域に根ざした活動が活発になれば、地域が活性化できる」という仮説を実証的に実践した取り組みです。リアルな社会活動とともに、学校と地域社会とを橋渡しし支える仕組みとして地域SNS(「いたまちSNS」)を導入・活用し効果を上げています。全国でも希少な教育現場への地域SNS導入事例です。地域SNSを活用することによって生徒の自発性を生み出し、その意欲に触発され地域が変わっていることを受けて、「伊丹育ち合い(共育)プロジェクト」と名付けています。

〔コラム〕
 本プロジェクトは、若者が社会適応できず自信を失っていることに対して何かできないかと考え、平成15年度から高校で実施されている新しい教科である情報科で地域活性化を場とし、情報社会に適応する力(社会人基礎力)の育成をねらって企画しました。
 地域での学びには、多くの人のネットワークという環境が必要です。生徒にとって学校における教員との関係だけではなく、多様な人との関わりを持つことによって苦労も少なくありませんが、想定を越えた多くのことを学んでいます。
 また、商店街におけるイベント(「ハロウィンパーティ」や「100円商店街」)の場で、商店主や地域の方々との共同作業を通じて人との繋がりや信頼、絆を体得しています。
 地域活動を支えているのがいたまちSNSです。平成19年度から活用を開始しており、現在会員数が1572名(高校生682名、卒業生400名、一般490名、平均年齢が23.2歳:平成23年2月10日現在)。ハロウィンパーティを企画運用している9月の1か月では、アクティブユーザー数(1週間以内)が369名、メッセージが3877でした。
 プロジェクトの効果としては、伊丹市役所市民まちづくり課から委託されている「伊丹市立伊丹市民まちづくりプラザ」(阪急伊丹駅3階)の活動に生徒が自発的に参加し、新しい動きを作り出していることです。例えば、市会議員と一緒に障害者支援活動に取り組むなど、地域の課題に積極的に取り組んでいます。若者たちが自信(自己有用感)を持って、地域の課題に楽しみながらも果敢に取り組んでいる姿を見ることができることで、地域の人たちが自分たちも頑張るんだという声を聞けていることが最大の効果であろうと考えられます。

閲覧数2,703 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2011/02/14 11:02
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2011/02/14 14:49
    >平成15年度から高校で実施されている新しい教科である情報科で地域活性化を場とし、情報社会に適応する力(社会人基礎力)の育成をねらって企画しました。
     
    今年でもう8年目になりますね。
    その間は色々大変な事もあったと推察されますが、ここに来て内容が素晴らしく充実してきたと思います。
     
    いけやんも子どもが市高に入学し、1年生のオリエンテーションの様子がリアルタイムでアップされている事に驚きを感じ、かっちゃん先生から招待していただきました。
     
    地域SNSの魅力や底力を目の当たりにし、これからの地域力を充実したモノにする為にはSNSが最有力候補であることを大いに認識しました。
     
    その力を市高生が活用し、商店街の方々や周囲の人たち、大学生と緊密に連絡しあってイベントをこなして行く姿は市高でないと経験が出来ません。
     
    かっちゃん先生が纏められたシートで全てが伝わりますね。
     
    生徒に対する社会人基礎力の育成もそうですが保護者力=親力の育成にも大きく貢献していると思います。
     
    もっともっと保護者会員の増加を望みますね。
     
    2月16日の校内発表会には都合で伺う事が出来かねますが、3月6日の校外発表会は必ず伺わせていただき、市高生の活動報告を楽しみにしております。
     
    今後、益々のご活躍を祈念しています。
    次項有
  • 2012/03/05 07:58
    紙ヒコーキさん
    素晴らしい活動ですネ

    参考になります!
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
かっちゃんさん
[一言]
SNSの可能性を、みなさんと一緒に見ていきたいと思っています。どうぞ、…
■この日はどんな日
ほかの[ 02月14日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み