2011年03月20日(日) 

伊丹市立まちづくりプラザで、「子どもの居場所づくり」についての講演を行った。

 

事前に子どもの居場所づくりを担当している職員にアンケートを取ってもらっていました。

 

以下3点がアンケートを取って出た困っていることです。
・若者が募集をかけても近寄ってくれない。
・施設は若者が利用しているが、ゲームや本などで、時間をつぶし、何かをやるわけではない状態をどうするか。
・やる気がある子同士をどうつなげればいいのか。

この問題にどう答えを出すのかを、考えた。

 

その答えが、「居場所をつくるのではなく、活動をつくる」ということでした。

 

それを、どうやって参加者に体感してもらうかということで悩みました。

 

理想と最低限の状況、・・・・

 

ここで、マズローの欲求5段階が頭に浮かびました。

http://marketingis.jp

 

ということで、「若者の居場所の5段階」という、ちょっと難しいお題にチャレンジです。

 

いたまちSNSの利点についても自然に触れておきました。山崎さんがポイントを押さえて、いたまちの利点を語ってくれました。

 

ワールドカフェ形式で議論にも熱が入ります。

 

「若者の居場所の5段階」という難しいことにチャレンジでしたが、参加者からはこれぐらいの方がやりがいがあったとの声をいただいた。

 

以下、4つの班の発表の様子です。

 

最後に、出来たそれぞれ「若者の居場所の5段階」を掲載しておきます。

どの班も、評価・称賛ということと、ネットワークの広がりが最上位に来ていたということです。

これが、実際大きなポイントになることは確かです。


閲覧数2,768 カテゴリアルバム コメント5 投稿日時2011/03/20 23:11
公開範囲外部公開
コメント(5)
時系列表示返信表示日付順
  • 2011/03/20 23:23
    地域SNSの重要性とみんなの認識が同一レベルである事が確認されましたね。
     
    間違いは無かった事になります。
     
    正義は勝つ!と同じ法則なのでしょうね。
    次項有
  • 2011/03/21 09:12
    Honkoさん
    かっちゃんさん

    先日は講演に参加させていただきまして
    ありがとうございました。

    「若者の居場所の5段階」を、いろんな世代、
    いろんな立場の方々と意見の交換ができて
    とても有意義な時間を過ごすことができました。

    もっと時間が欲しかったですね。。。
    同じグループになれなかった方々の意見も
    伺いたかったです。

    自分が若者だったときのことを思い出したり、
    自分の子どものことを思い浮かべたりと
    私自身もいろいろと考えました。

    「みなさんと一緒に考える」
    これが楽しかったですね。。。

    かっちゃんさん、とてもよい経験をさせて
    いただきました。

    ありがとうございました。
    次項有
  • 2011/03/21 09:51
    有難うございました。時間が許せば延々と続きそうなくらい皆さん熱中されてましたね。
    連続ワールドカフェ講座シリーズ、次年度も開催したいですね。
    次項有
  • 2011/03/21 17:56
    10代から60代までの多世代が集って対等に意見を聞いたり話をしたりできるのはユニークなことですよね。

    個人的には、若者は大人よりずっと回りを見ているように感じました。
    次項有
  • 2011/03/23 00:57
    まみさん
    ありがとうございました。

    久しぶりに学校の授業を受けたような気分で…懐かしい感じがしました。

    その後もご丁寧に質問にお答えしてくださりありがとうございました。

    コミュニティ活動に挑戦してみます。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
かっちゃんさん
[一言]
SNSの可能性を、みなさんと一緒に見ていきたいと思っています。どうぞ、…
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このアルバムのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/blog.php?key=42560