1,712万kW/2,413万kW (01/24 22:25)
70%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/blog.php?key=45131
2012年01月18日(水) 
1年の学年行事として、1月に恒例となっている百人一首が開催された。

そこに、関学の交換留学生が2名と、関学の学生2名が参加した。

交換留学生は、ノルウエーのオスロ大学から来ているミカエルさん、

アメリカから来ているグエンさんです。



関学のフィールドワークを受講している木下さん、と本校の卒業生である澤田さんです。澤田さんは生徒会長も務めていました。

それぞれ、生徒の中に入って、参加しましたが、1枚でしたが札をとったようで、すごいと思いました。



日本語に対する熱意を感じました。ミカエルは、本当に多くの漢字を知っています。漢字検定も受けたいなんて言っていました。



グエンさんは、寡黙ですが、物事をよく見ている人でした。

こちらから、質問を投げかけると、鋭い視点でみている答えが返ってきました。

温かく迎えてくれた1年生と1年生の学年団に感謝です!!

閲覧数1,623 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2012/01/18 18:12
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2012/01/19 08:32
    百人一首での国際交流は素晴らしいですね。
     
    ヒョットしたら外国の方が日本の良さをよく知っているかも知れませんね。
    次項有
  • 2012/01/19 09:12
    そうですね。具体例としてお箸の使い方をあてみみましょう。

    海外の人は、お箸を正しく使える人がほとんどです。

    なぜって、どうやって持つのかを学んでから来るからなんです。

    日本人は、成長の過程で間違ってつかったまま大人になっていることが多いですよね。

    非常に不思議な現象です。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
かっちゃんさん
[一言]
SNSの可能性を、みなさんと一緒に見ていきたいと思っています。どうぞ、…
■この日はどんな日
ほかの[ 01月18日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み