1,594万kW/2,163万kW (10/15 19:25)
73%
■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/blog.php?key=48378
2013年11月05日(火) 
休日はときどきキッチンに立って欲求不満を解消しているこたつですが、昨日のお休みは自分のリクエストで「チキンステーキ」を作りました。生まれながらに不器用で、忍耐力に欠ける性格なので、手軽に短時間でできるわりに美味しい料理をもっぱら得意としていて、チキンステーキはその代表です。クッキングサイトのレシピに少し工夫を加えて、この日もにわかシェフは頑張りました。

材料 (4人分)
 鳥もも肉 4枚
 塩 少々
 ブラックペッパー 少々
 料理酒 80cc
 砂糖 大さじ4
 しょうゆ 大さじ4
 オイスターソース 大さじ2
 ケチャップ 大さじ2
 赤ワイン 少々

①使うのは「鶏もも肉」。がっつり食べたいなら300~350グラムくらい。鳥もも肉は皮が縮まない様に切り目を入れておきます。身の面も何か所か切り目をいれておくと焼き上がりが綺麗になります。
両面に、軽く塩・ブラックペッパーをかけてしばらく放置プレイにしておきます。

②その間に、秘伝のタレを作ってきます。料理酒、砂糖、しょうゆ、オイスターソース、ケチャップ、赤ワインを、ボールに入れてよく攪拌します。我が家では、砂糖は宮古多良間島の粉黒糖を使っていますが、白糖に比べてコクが出るようです。

③ここで、父の日のプレゼントに買ってもらった秘密兵器「中華鍋」は、キンキンに熱を加えてオリーブオイルをひいておきます。中華鍋を買ってもらえてない人はフライパンで代用、オリーブオイルがなかったらもちろんサラダオイルでもOKです。

④熱した中華鍋に、皮目から中火で90秒から2分くらいじっくりこんがりと焼きます。時々、焼け具合を確認すると焦がさなくてすみます。

⑤皮がこんがりパリパリに焼けたらひっくりかえし、少しだけ火を弱めてフタをして、10分から12分くらいかけて中まで火を通します。固めの好きな人は、15分くらいかけても大丈夫です。

⑥蓋をとって、鍋に油が出すぎている時は、キッチンペーパーで少しとっておきます。油はタレの旨味になりますので、とりすぎない様に気をつけて下さい。では、肉を裏返して(皮目を上)、②で作った秘伝のタレを加え、やや強火で煮詰めながら鳥もも肉にからめます。

⑦あらかじめ付け合わせの野菜などを添えておいたお皿に盛りつけ、煮詰まったタレをかけたらできあがり。目玉焼きなんかあるともっと綺麗かもです。

これがまたビールにあいますねん♪
お父さんたち、少し時間があるときにシェフに変身してみませんか!

閲覧数1,004 カテゴリ日記 コメント4 投稿日時2013/11/05 07:28
公開範囲外部公開
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
ほかの[ 11月05日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み