■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/blog.php?key=50141
2015年03月05日(木) 
本日(3月5日)市高の体育館で、「伊丹育ちあい(共育)プロジェクト」成果報告会が開催されました。

外部から50名近く(来賓等を含む)の方々のご参加をいただき、大変盛況でした。

生徒は今までで、しっかりとメモを取って一番集中して発表を聞けていました。

今回のテーマは「地域活動は防災に通じるのか?」です。

地域活動を通じて、人と人との信頼を築き、コミュニケーションの大切さを体得できたことを各店舗での取り組みについて発表しました。

大学生や2年生、3年生は取り組みの課題を明確にし、これからどう活動していけばいいのかを提案しました。

関学の八木教授から「大学での実践と比較しても本当に素晴らしい」と評価していただいたこともあり、このプロジェクトに関わった人たちが新たな価値を見いだせた会となりました。

内閣府地域活性化伝道師の坪田知己様から、「本当の情報教育をしている、すばらしい」と評価をいただき、12年やってきてよかったと思いました。

今回参加いただいた方々から、高校生がしっかりと自分の言葉で話していることに感動したとの言葉をいただきました。

地域活動で得られた人のご縁。
相互扶助を体得している生徒の実態から、それが防災に通じるということが、明らかになりました。

若者の本気が、地域の本気を引き出し、それが信頼に通じて、「伊丹が一つの家族のようになる」ということが、見えてきました。

このような、ある意味当たり前で済まされてきたことに、チャレンジできたのも、徹底的にこだわって、本気でぶつかってきた生徒の存在が大きいです。

私にとって、活動を頑張ってきてくれた生徒、支えてくれた生徒・学生は、私の宝です。誇りです。

本当に1年間、ご苦労様でした。

地域に育てられた若者が、これから地域で活躍してくれることを期待しています。

以下の写真は、生徒の店舗との取り組み発表、ポスター展の発表、パネルディスカッションの様子です。

閲覧数1,485 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2015/03/05 22:57
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
かっちゃんさん
[一言]
SNSの可能性を、みなさんと一緒に見ていきたいと思っています。どうぞ、…
■この日はどんな日
ほかの[ 03月05日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み