■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/blog.php?key=50179
2015年03月24日(火) 
一昨日お手伝いさせて頂いた「さようまちづくりカフェ」の記事が、今日の神戸新聞朝刊に掲載されました。この日の出会いが、「ひとつのさよう」を創るキックオフになってくれたらと願います。

------------------
『佐用の未来 共に考える-住民ら活性化へ活動報告』

 佐用町の地域活性化に向け、地元住民や市民団体メンバーらがアイデアなどを語り合う「さようまちづくりカフェ」が22日、同町佐用のさよう文化情報センターであった。業種や世代が異なる19団体と個人が参加し、人口減少に直面する佐用の未来を考えた。
 同町内でそれぞれ活動しながら、交流する機会が少ない団体や個人をつなげようと「ひょうごふるさとづくり交流会議」などが初めて開いた。
 参加者は、水害以降佐用を支援するグループや、ITを活用し空き屋で起業したIターン組、お茶やぶどうなどを栽培・販売するUターン組などさまざま。それぞれの活動の強みや弱みを報告し、情報を共有して交流を深めた。
 コーディネーターを務めた関西学院大非常勤講師の和崎宏さんは「人にはそれぞれ役割がある。橋渡しや門番も必要。この出会いを次につなげる『恩送り』をし、一つの佐用になってほしい」と話した。(大山伸一郎)

閲覧数341 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2015/03/24 09:25
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
    ※画像に表示されている文字を入力してください。
■プロフィール
こたつねこさん
[一言]
地域を元気にする情報化に貢献したい♪
■この日はどんな日
ほかの[ 03月24日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み