■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/blog.php?key=52034
2016年08月21日(日) 
本日(8月21日)、まちづくりプラザにて、「被ばくをすることとは」というテーマで講演会を行いました。

私は被爆二世ですから、被ばく者としての母の苦しみと、自分の病気での苦しみの両方を知っています。


母は、2011年に亡くなったわけですが、私の心の中でしっかりと生き続けてくれています。

母がいなければ、当然このような被ばく体験の継承(被ばくの実相)はしていません。


実をいうと、このような自己開示は、結構つらいものなんです。

いやでも自分や、母のつらい思いと直面するからです。


しかし、私の平和観として「議論すること」を実践しています。

今日も話が1時間、その後1時間程度の議論をしました。


私の「自立した人を育てることが、継承」ということは、直接的には理解しがたい部分があることは、十分わかっていますが、私が、いろいろ考えたすえに辿り着いたものなので、私と議論した人たちが、何かこだわって考え続けていただければ、それが一番うれしいです。


この会を準備してくれた、まちづくりプラザの皆様に感謝です。

閲覧数225 カテゴリ日記 コメント2 投稿日時2016/08/21 23:45
公開範囲外部公開
コメント(2)
時系列表示返信表示日付順
  • 2016/08/22 19:11
    たけしさん
    講演いただき、本当にありがとうございました。
    まさに「生者は死者に学び、死者は生者によって生きる」という言葉通りであり、戦争にかかわった方々から多くを学び、戦争体験を継承することの大切さを感じる機会となりました。

    ここからは連投になりますが、昨日の配布資料などをあげます。
    次項有
  • 2016/08/22 19:12
    たけしさん
    続きです。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
かっちゃんさん
[一言]
SNSの可能性を、みなさんと一緒に見ていきたいと思っています。どうぞ、…
■この日はどんな日
書き込みはありませんでした。
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み