■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.itamachi.jp/blog/blog.php?key=52137&com_mode=1
2017年03月10日(金) 
本日のNHKの番組で、高校生が農作物のストーリーを見出しているという番組がありました。

「高校生が伝える、ふくしま食べる通信」を取り上げた放送でした。
http://taberufukushima.tumblr.com/

私は、ちょうど最後30秒ほどしか見ていないのですが、ストーリーで隠れている価値を見出すということに、同じこころざし(志)を感じました。

番組は「くらし解説」です。
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu/kurashi/

HPによると
「3月10日(金)
高校生が挑む 福島県農水産物の風評被害 合瀬 宏毅 解説委員
東日本大震災から6年、原発事故で大きな被害をうけた福島では、県産の農水産物の価格はいまでも震災前の水準に戻っていません。福島県農水産物の現状、風評被害を払拭しようとする高校生の姿を伝えます。」

高校生が農作物のストーリーを見つけ出し、本来持っている価値を通じて販売促進に貢献することが、素晴らしいです。

ここで、現在取り組んでいる「ゆいトレ」のシステムに乗せることができればとは、思ったのです。

「福島の高校生、やるやん!」と朝からハイテンションです。

どう動くのかというのは全く未知数ですが、若者の力は本当の未知数です。

閲覧数373 カテゴリ日記 コメント3 投稿日時2017/03/10 12:33
公開範囲外部公開
コメント(3)
時系列表示返信表示日付順
  • 2017/03/10 13:30
    フェイスブックで、シェアさせて頂きました。
    次項有
  • 2017/03/10 17:27
    紫の上さん
    同じ番組を見ておりました。
    それを見て、色々調べたらストーリーをちゃんと伝えて、地域の本当に良いものを紹介する、ということを高校生主体となってやっていますね。素敵な活動だと思います。
    私もFacebookで記事にしました。
    山武SNSでも・・
    https://sammu-sns.jp/blog/blog.php?key=12187
    次項有
  • 2017/03/10 23:56
    ありがとうございます。

    高校生が本気になったら、すごいですね!

    たのもしく思えました。

    紫の上さん>番組を見られたのですね。 3.11の復興への思いを新たにしたいと思います。
    次項有
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
かっちゃんさん
[一言]
SNSの可能性を、みなさんと一緒に見ていきたいと思っています。どうぞ、…
■この日はどんな日
ほかの[ 03月10日 ]のブログは、
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み